ホワイトニング後の輝きを保つ食べ方①

2024.06.20

2024.06.20

ホワイトニング後の輝きを保つ食べ方①

ホワイトニング後の新しい歯の色を長く維持し、笑顔を輝かせるために、食事の選び方が鍵を握っています。
美味しさを損なうことなく、ホワイトニング後の食事を楽しむ方法をご紹介します。

ホワイトニング後の新しい歯の色を長く維持し、笑顔を輝かせるために、食事の選び方が鍵を握っています。
美味しさを損なうことなく、ホワイトニング後の食事を楽しむ方法をご紹介します。

【ホワイトニング後の食事に関する基本情報】

① オフィスホワイトニング後の食事について
オフィスホワイトニングを受けた後は、食事にも注意が必要です。
歯の表面がデリケートになっているため、配慮が必要ですが、焦らずリラックスして食べることが大切です。

② ホワイトニング後の時間帯ごとの食事制限
・ホワイトニング後2〜3時間は控えていただきたいもの
ホワイトニング後の最初の数時間は、歯の表面がデリケートな状態です。そのため、できるだけ飲食を控え、歯の再着色を防ぎましょう。

・ホワイトニング後24時間は控えていただきたいもの
24時間は歯が安定する期間です。ここでは、着色しやすい食べ物や飲み物を避けることが大切です。

③ ホワイトニング後の食事に関する基本原則
・ホワイトニング後でも食事は可能?
可能ですが、注意が必要です。色の濃い飲食物を控え、歯の健康をキープしましょう。

・ホワイトニング後に色の濃い飲食物を控える理由
歯が乾燥しやすく、表面の「ペリクル」がはがれやすくなるためです。これらの要因が歯の再着色を招く可能性があります。

【食事に関する注意点と理由】

① ホワイトニング後の食事で辞めておいた方が良いもの
・飲食して良いもの
歯を白く保ちながら楽しめる食べ物として、野菜、果物、ナッツ類、乳製品などがあります。

・飲食を控えたほうがいいもの
カフェインや酸性食品、また着色性が高い飲み物や食品は、できるだけ控えたほうが良いです。これらは歯の着色を促進する可能性があるからです。

② 着色や乾燥に関する理由
・歯が乾燥している理由
ホワイトニングの過程で、歯が一時的に乾燥しやすくなります。乾燥した歯は色素を吸いやすいため、保湿が重要です。

・歯の表面の「ペリクル」がはがれる理由
ペリクルは歯の表面を保護している膜で、ホワイトニング後は一時的にはがれやすくなります。この状態では、色の濃い飲食物の摂取は控えたほうが無難です。

③ 着色しやすい飲食物とは?
・酸性度の高い食品
レモンやトマトなどの酸性食品は、歯の表面を削り、着色を進める可能性があります。

・着色性の高い食品
コーヒーや紅茶、赤ワインなどの着色性が高い飲み物は、注意が必要です。

・着色性の高い飲み物
さまざまなソフトドリンクには、人工的な着色料が含まれていることがあります。これらも避けたほうが良いでしょう。

次回はホワイトニング後におすすめの食事をご紹介します。