一般歯科 予防から治療まで丁寧に対応いたします

むし歯や歯周病の治療、歯のないところ補うなど、歯科治療の多くがこれにあたります。
痛みや恐怖を極力少ない丁寧な治療を心がけ、「歯」を抜くのではなく、出来る限り活かせるよう計画的に治療を進めてまいります。

細い麻酔針
麻酔に使用する針は、細ければ細いほど痛みを感じにくくなります。
表面麻酔
このお薬を塗る事で刺入部の感覚を鈍らせ、麻酔時の痛みを軽減します。
麻酔注射器
麻酔液を注入する速さをコントロールする事により、痛みや不快感をより和らげます。

審美歯科 美しさはまず歯から

美しさは一部だけで達成出来るものではありません。
歯やお口の中だけではなく、お顔全体から口唇、左右のバランス等、総合的に診査し患者様本来の美しさや輝く笑顔を得るお手伝いをさせていただきます。
オールセラミッククラウン、ポーセレンインレー、ジルコニアインレー、ラミネートベニア等、金属を使わないメタルフリーでご提供し、機能的で美しい口腔内を実現します。

  • セラミッククラウン
  • ポーセレンインレー
  • ラミネートベニア

ホワイトニング 常に白い歯を、もっと身近に

当院ではホームホワイトニングを行っております。
ホームホワイトニングは、低刺激の薬剤をマウスピース状のトレーにいれて定められた時間だけ歯に装着を行う方法です。
最初に歯科医院で患者様に合ったトレーを作製いたしますので、後はご自宅でホワイトニングをおこなってください。方法は当院でわかり易くご指導させていただきます。

  • カウンセリング
    カウンセリング

    お口の中をチェックし、カウンセリングを行います。このときにジェルの濃度とタイプを決定します。

  • マウスピースの製作
    マウスピースの製作

    歯の型をとり、マウスピースを製作します。ホワイトニング日中または就寝中に、マウスピースを装着し、ホワイトニングを行います。

  • メンテナンス
    メンテナンス

    数ヶ月に1~2回程度、メンテナンスのためのホームホワイトニングを行い、白さをキープします。また、当院においてパウダーポリッシングでステイン、プラークの除去や歯の表面のクリーニングを行います。

インプラント歯科 歯を失った方に最適な治療

インプラント歯科

歯を何らかの理由で失ってしまった場合、人工の歯根を埋め込む治療がインプラント治療です。
当院では、安全に治療を進めるために、全ての症例において、CT撮影を行います。
CT撮影のデータから、骨の形態や厚みを正確に診断し、患者様に合った治療計画のもと安心・安全に治療を進めて参ります。
自分の歯と同じような感覚で咬むことができ、審美的にも優れた治療法です。
インプラント手術は滅菌されたオペ室で治療をおこないます。

  • 検査

    歯型、口腔内写真、CT・レントゲンによりインプラント埋入位置、神経の走行や骨の厚みなどを確認し、具体的に安全かつ確実な治療計画を立てます。

  • インフォームド
    コンセント

    現状の状態説明、治療期間や費用の概要などを説明していきます。ただ失った歯を修復するだけではなく、審美性や機能性の部分までを包括的に考慮して治療を行います。

  • 施 術

    欠損した歯の部位にインプラントを埋入します。局所麻酔で手術を行うので痛みを感じることは殆どありません。インプラントの埋入の後、骨とインプラントが結合するのを待ちます。(3ヶ月?6ヶ月)

  • 人工歯装着

    歯肉が治癒したところでインプラントの型を採ります。その後に完成した人工歯を装着いたします。

  • メンテナンス

    歯ブラシなど、ご自分で行なうケアの説明をいたします。また、当院において定期的にクリーニング・メンテナンスを行います。

矯正歯科 美しさは歯並びから

悪い歯並びや咬み合せを、矯正器具を用いて歯を正しい位置に誘導する治療です。きれいな歯並びはむし歯や歯周病の予防に繋がり、口の健康維持を可能にします。
さらに美しい口元を手に入れることで笑顔に自信を持つことができます。

矯正装置の種類

目立たないセラミックの矯正装置(セラミックブラケット)

目立たないセラミックの矯正装置(セラミックブラケット)
セラミックでできた装置をオーリングで固定するタイプです。オーリングを透明にするとかなり目立たなくなります。
セラミックブラケットで矯正する場合結ぶときに必要なゴムを、透明なものの他、20種類以上の色から自由にお選びいただくことができます。さらに治療中のあるステージではワイヤーも色付きにすることができます。

矯正していると気付かれない裏側の矯正装置(リンガルブラケット)

矯正していると気付かれない裏側の矯正装置(リンガルブラケット)
従来の装置と違って、歯の裏側につけられます。そのため、他の人にはライトを当てて大きな口を開けない限り気付かれる心配はもなく、見かけ上は変わりません。 そのため人に気づかれずに矯正治療を行うことが可能です。

小児歯科 優しい先生と痛くない治療

歯の治療は小さなお子様に苦手意識を持たれがちですが、まずは歯医者の雰囲気に慣れて頂くように努めます。その後は予防を重視し、歯磨き指導、フッ素ジェルの塗布やシーラントによる予防法の導入など、なるべくストレスを感じることなく楽しく受診していただくようにいたします。
また、歯並び、咬み合わせが気になるお子様は、早い段階に診査診断をさせていただきます。

母子同伴型治療

母子同伴型治療

小さなお子様が安心して治療を行えるように保護者様がお子様の近くで治療を受けられるようにしています。保護者の方とのコミュニケーションも大切に、安心して頂ける環境作りに努めています。
むし歯予防

むし歯予防

乳歯や、生え変わりの時期の永久歯は成人の成熟した歯と比べ非常にむし歯になりやすく、この時期のお口の環境次第で歯の丈夫さが大きく左右されます。むし歯にならないコツは、このむし歯になりやすい時期をどう過ごすか。 当院では歯科衛生士による、お子様の年齢や歯並びにあった歯磨き指導やフッ素塗布やシーラント(むし歯予防のコーティング)により効率的にむし歯予防を行います。
プレオルソ

プレオルソ

「プレオルソ」は、現役の歯科医師(矯正専門)が開発した取り外しの出来る「マウスピース式矯正装置」です。永久歯に生え変わる前に使うと効果が高いと言われています。「歯ならび」だけでなく、「咬み合わせ」「お口ぽかん」の改善、「口呼吸から鼻呼吸へ」「舌のトレーニングによる正しい飲みこみや発音」など、お子さまを健康な体へ導くことを目的としています。

マタニティ歯科 これから生まれてくるお子様の健康も考慮した治療

妊婦さんのお口の健康だけではなく、これから生まれてくるお子様の健康についても考慮しながら治療を進めてまいります。(母子感染を防ぐためには、ご家族全員の予防歯科も重要となりますので、合わせてご利用ください)

妊婦さんのお口の中は、様々な変化がおこっています。

マタニティ歯科
  • 女性ホルモンのバランス変化による唾液分泌量の低下
  • 食生活の変化
  • つわりでブラッシングがしにくくなる

これらのことが原因となり細菌が繁殖しやすい環境がお口の中にできています。 
酷い症状の方は、妊娠性歯周炎にかかってしまう方もいます。
妊娠性歯周炎は早産や低体重児出産のリスクを高めるとも言われています。
これから生まれてくる赤ちゃんのためにも、しっかり予防・治療を行うことが大切といえます。
マタニティ歯科治療のタイミングとしては、妊娠5~8か月の安定期に行うことがもっとも安全といえます。

予防歯科 ずっと健康な歯でいるために

?治療が終了した後、新しいむし歯を作らないことが歯の寿命を延ばすことにつながります。
また、歯周病は治療してもホームケアを怠ると、3か月で細菌層が元に戻ってしまうというデータがあるほど再発しやすい疾患です。
治療後の良い状態を保つため適切なホームケア、定期健診、またプロフェッショナルなメンテナンスを行う必要があります。
適切なホームケアを行っていただけるように、正しいブラッシングをお伝えしたりお口にあった清掃機具をお勧めいたします。
定期健診で来院の際には、口腔内を隈なく診断し早期発見、早期治療を行い、徹底的に予防するお手伝いをさせていただきます。

セルフケア

セルフケア ─ お口の健康を守る基本 ─

毎日ご自身で行う、歯ブラシ・歯間ブラシによるブラッシングや義歯のお手入れ等、ご来院時には歯科衛生士がその効果的なやり方や疑問などをやさしく丁寧にアドバイスします。

プロフェッショナルケア ─お口すっきり!心地よさを実感

こまめにセルフケアをしていても磨きにくい場所には汚れがたまり、次第にバイオフィルム(水垢状になった細菌の集合体)や歯石(石灰化した細菌の塊)へと変化していきます。そんな時は3~4ヶ月に1回程度(個人差あり)、定期健診時に歯科衛生士が専用器具を用いて、汚れをきれいに取り除きます。